自分の性格が嫌いな人は多いようです。
それは自分らしく生きていないことや理想と現実のギャップを受けているからではないでしょうか?性格を変えることは出来るのでしょうか?

スポンサーリンク

 

生きていく中でかなりの方はこのようなことを思ったことはないでしょうか?

自分の性格全てが好きな人は少ないでしょう。ですが、今の自分の確立された性格は今の自分のままを継続していく為に自分自身が作った性格なのです。

今の自分=性格

なので性格否定されると自己否定された気持ちになってしまいます。これは性格を変えることが困難であるということが言えます。では実際性格を変えることは可能なのでしょうか?

性格を変えることが出来るのか?という質問を受けたことがあります。
勿論答えはYESです。ですが簡単に変えることは出来ません。それなりの努力が必要となります。

 

性格を変える

では実際どのようにすれば性格を変えることができるのでしょうか?性格はその人自身を表したものであります。ですので、自分自身を変える意識を持つことが必要となります。

性格を変えるための流れはこうなります

考え方を変える ⇒ 行動が変わる

行動が変わる ⇒ 結果が変わる

結果が変わる ⇒ 結果に満足できる

満足した結果 ⇒ 変えた考え方に効果的フィードバックが生じる

変えた考え方に意識的に良いものであると認識できる

自分にとって良い効果であると判断すれば、その思考や行動様式が意識的に行うようになり、何れ無意識レベルで行えるようになる

この時点で性格が変わっていると判断できます。

その際は自分自身よりも他者からその人自身が変わった事に気付かれるでしょう。性格は行動と直結しているので他者に気付かれやすいです。

実際に行動していけば、性格が変わってしまっていることに後に気づくでしょう。

 

上手に性格を使い分ける

例外としても載せておきます

ペルソナ・八方美人など本来の自分自身ではなく偽った自分を演じている場合

他者からはその状態がその人の性格と判断されています。つまり本音と建前の違いですね。

実際職場などでは良い自分を演じている人は多いでしょう。それは悪いことではありません。ONとOFFを上手に切り替え、仕事をOFFの時に持ち込む事をしなければ、そのスタイルは素晴らしい状態であると言えます。

本音だけで生きていけるほど人間社会は優しくありません。

上手な社会生活を送っている人のその殆どがこの状態にあると言えます。

 

性格を変える簡単な取り組み方法

何から始めればいいかわからない方は、自分の周りに居る良い性格を思える人の言動を真似ることから始めてください。

真似ていくことで今までの自分の行動スタイルを変えざる終えません。即ち行動を強制的に変えることになるのです。

強制的変えることを続けていけば、その行動自体の真意が見え、効果的なフィードバックを自覚できるようになり、その行動自体が気持ちよく取れるようになって来ます。そのような状態になっていれば、考え方も変わってしまっていることにも気付くでしょう!

変えたいと思っているなら行動するのが一番です。考え方から変えるのは難しいので、行動から得られた結果の効果的フィードバックで無意識に刷り込みを行っていく手法なのです。

自分自身が体験することが一番なんです。百聞は一見に如かずです。

色々な自己啓発の本を読むことも大事ですが、自己マインドコントロールがうまく出来ない人はこの手段が一番です。

私自身もこの手法で性格がかわりましたしね♪
興味のある方は試してみてください。
勿論万人に出来ることではありませんので、しんどくなり過ぎないようにしてください。
加減も自分自身で行うのです。
きっと今までと違う結果に驚くことが沢山あるでしょう。

自分を変える事=性格を変える

スポンサーリンク