嫌な自分や今以上に向上していきたい方へ、今の自分を変えるために、比べる体質の変換方法について理解を深めていきましょう。

スポンサーリンク

前回は2つのタイプを紹介しました。
皆さんはどうでしょうか?
相談を受ける人は全て後者の方ばかりなのです。
そうなんです、大抵の人は他人を羨ましく感じてしまうものです。
それ自体は全く問題ないのです。当たり前のことだから。人間は欲の生き物なのだから♪
そんなことを言いたいだけで記事を書いているわけではありません。

比べる体質の変換方法の前に

体質の変換方法は考え方を変える努力が必要になります。今まで過ごしてきた人生の中で決まった思考過程が存在します。それはその人の個性でもあります。これ自体は経験からくるものなのである意味自分に適した思考過程となっています。しかしながら、その思考過程に著しい偏りが生じてしまっている方が多いようです。

その偏りが強ければ強いほど、その人の強みや弱みとなって出てきてしまいます。その中でも弱みとして出てきてしまっている方が今回の体質変換方法の実践者に適しているということをご理解下さい。

比べる体質の変換方法

それは比べる対象を変える事だけなんです。
誰と比べたらいいのか?自分より劣る人と比べるのか?
という質問は絶対に出てきます。

そうではないのです。
誰かと比べるのではないのです。

比べる対象を自分自身にするのです。感のいい人ならこれだけで、私の伝えたい事が理解できたはずです。

比べる相手は他人とせず、自分自身とすることで気付けば劣等感などが和らいでいることに驚くことになるでしょう。

より掘り下げて分かりやすく説明を希望される方は比べる体質その3でお会いしましょう。

スポンサーリンク