人は何故好まれる存在になる人とそうでない存在に分かれるのでしょうか?自分は人から見てどちらの存在に当たるのか?気になったことはありませんか?自ら気付いてみましょう。

スポンサーリンク

 

好む好まないとは何か?

人は生きていく中で他者がいる社会環境の中で生活していかなければなりません。
人生の中で小学校、中学校、高校などでは集団で生活する環境下に必ず参加しなければなりません。
そのような集団の中で、皆さんもある程度のグループに在籍していたこともあるでしょう。クラブ活動していればそれがある程度の集団と位置付けます。
そのグループでは必ず、好かれる人好かれない人が存在するようになります。
自分はどちらに当てはまっていたいたのだろうか?と考えた事はありませんか?

好まれる存在であった方は全く問題ないでしょう。
ここでは何故好まれないか?嫌われる存在になってしまうのか?好まれる存在ではなっかた人に対して一緒に考えていこうと思っています。

 

ではその理由にスポットを当てて考えてみましょう。
好まれる存在でなかった人が社会人として仕事をしていく中で、今までの学生生活とは全く違う環境下で生活していくことで、好まれる存在になる方法に自ら気付くことも多くあります。体験に勝る学習方法はありませんからね♪
まず好かれる好かれない理由を知るには人間関係論を学ぶ必要があります。
人間関係が苦手な人はトラブルになることも多く、好まれない、嫌われやすい存在になりやすいのです。

 

ではどすれば人間関係を良くすることが出来るのだろうか?
答えは簡単です。相手と自分は違う人間であるということをしっかり意識することです。

人それぞれです。価値観、思考、表現方法などなど、沢山ありますが十人十色です。
自分の事を理解してくれている人が存在すればそこに居心地の良さを実感できるでしょう。
何故居心地の良さを実感できると思いますか?
それは相手が自分との違いを充分に認識しており、他者として人間関係を保ってくれているからなのです。
ここに答えがあります。

相手を理解することが人間関係を上手にしていく方法なのです。
相手の事を理解してくれる人は自分の事も理解してくれるようになります。
つまり、相手と自分を互いに理解しあえる状態になってこそ人間関係は上手くいくのです。
このような状態を意識的にでも出来るようになっている頃には、自分は好かれる存在になっているのです。
逆を言えば他者を理解しようと努力しない人は好かれない存在になりやすいのです。

スポンサーリンク