同じ時間を過ごさなければならない時に気持ちの持ち様を変える事で、精神的・身体的にゆとりを持って過ごせるようになります。気持ちのコントロールを始めてみませんか?

 

スポンサーリンク

 

長時間労働や仕方なく長時間その事に取り組まなければならない環境下におかれた事はないでしょうか?
私も今でも夜勤業務をすることは多々あります。
皆さんは仕事やそのような業務に取り組む時の時間経過はどの様にイメージしていますか?

カウントアップ方式?カウントダウン方式?どちらの方でしょうか?

 

時間経過の捉え方

長時間労働の時によく発せられる言葉ですが、「ハアー、まだ仕事終わるまで6時間もあるわー」というフレーズです。これは16時から翌朝の9時迄の長時間勤務での出来事です。つまり午前3時頃に発した言葉になりますね。

確かにあるある発言ですね。自ら望んで取り組んでいるものではなく、シフト制など決められた勤務体制で取り組んでいる時に発せられやすい言葉ですね。

どうですか?この発言は残念なイメージがついてきませんか?

当然のように残り時間まで、まだまだ頑張らないといけないことが、言葉の裏に潜んでいることが自ずと理解できるでしょう。

実際同僚やパートナーがそのような発言をしたら、周囲に負の雰囲気が漂いませんか?これは自分までもがそのように共感してしまうからですね。

負のイメージの強い言葉は同じ環境下におかれた者同士では同調・共感しやすく、精神的なダメージが残ってしますのです。
つまりこれが後ろ向きな捉え方(カウントアップ方式)ということです。

 

では今の言葉を逆に言い換えてみましょう。
「あれー、もう10時間も経っている。しかもあと6時間で仕事終わるよー」
どうですか?同じ時間経過ですが、こちらの方が幾分でも気持良く聞こえてきませんか?

これは前向きな捉え方(カウントダウン方式)の一つの手法です。
この考え方・捉え方は自分自身を楽にしてくれます。

 

捉え方で出る影響

後ろ向きな捉え方(カウントアップ方式) ⇒ 負の影響が出やすい

前向きな捉え方(カウントダウン方式)  ⇒ 負の影響が出にくい

 

例えば病は気からという言葉を聞いたことがありますよね。
これは医学的にも証明されていることで気の持ち様で免疫力に変化が生じるのです。

 

少し前にTVで放送されたこともありましたが、癌を患っている人に対してお笑い番組やお笑い効果の高い映像を見せるというものです。観ていた方がいれば思い出して頂ければよいですが、確かに治療に効果的な影響力が発揮されていたというものでしたね。

 

何故人は笑うことで免疫力が高まるのかについては後日免疫力を高める効果でお伝えさせて頂きますので、その際にご覧頂ければと思っています。

 

 

纏めます

 

気持ちを前向きに捉える思考を持つことで、精神的・身体的にも丈夫な身体になれるということです。
また自分自身はそうですが、自分の周りに居る人達にも影響力が発揮され、自分の発言や存在自体で周囲環境が変化していくのです。笑顔が増えるのは間違いないですね♪

言葉は非常に力を持っています。本来なら発した言葉に責任を持たなければなりません。自分の発した言葉がどれほど周囲環境に影響を与えるのかを知る必要があるのです。

ですから、前向きな捉え方をした発言は周囲環境に悪影響を及ぼす可能性がかなり低くなるため、お勧めしたい捉え方の一つということです。またこの捉え方をした発言は他者から好まれる事も多く大切な人材にもなり得る可能性の秘めた魔法の言葉でもあるのです。

物事一つ一つにも、どのように捉え解釈するかで、自分の気持ちを簡単にコントロール出来るようになり、更に周囲に好印象を与えることが出来る一石二鳥の捉え方となる素晴らしい解釈です。

 

今回は時間経過の捉え方を2つの手法で行っている事を紹介しました。捉え方を逆に持つようにすることで、周りの雰囲気が変わることを実感してください。その変化が面白くまた気持ちよくもあり、繰り返していくことで、自分自身の捉え方も変わっていくでしょう。

同じ時間を過ごすなら、少しでも精神的・身体的なゆとりを感じれる楽な時間を過ごせるに越したことはありませんね♪
皆さんも良ければ試してみて下さい。

 

スポンサーリンク